Book Now Booking on-line / Manage Booking
Book Now | Choose your Language | Subscribe to the Newsletter | | +39 031 950216
Grand Hotel Villa Serbelloni

コモの町

周囲を山で囲まれたその内部で何世紀もかけて発展してきたコモの町は、 北イタリアの町の中で最も興味深い町の1つと言ってもよいでしょう。 今日でもなお、古代ローマ時代の建造物や、時代と共に要塞化し拡大 していった城壁の大部分が残っています。

この町は、美術史の中でもユニークな芸術美を生み出した町であると共に、 湖畔の素晴らしいパノラマを有する町、そしてシルク産業を古くから持つ町 でもあります。昔から裕福なこの町の経済力は、常にシルクの生産とその 加工業にあり、今日でも世界でトップレベルを誇っています。

コモのドゥオモ(Duomo)は、ロンバルディア地方におけるゴシック−ルネサンス様式の 代表的な建造物の1つです。1396年に当地の彫刻家が手がけて着手されたこのドゥオモの建設は、 17世紀にフランチェスコ・ユヴァラ(Francesco Juvara)によって素晴らしいクーポラが取り付けられて完成しました。 ファサードに施された精微な彫刻からは15、16世紀の職人達の腕のよさが窺い知れます。 そしてドゥオモの隣には、ロマネスク−ゴシック様式の旧市庁舎(Broletto、1215年)があります。 白・グレー・赤色の大理石で装飾され、大きな三連窓が取り付けられています。

11世紀に建てられた聖アッボンディオ聖堂(Basilica di Sant’Abbondio)は、 聖フェデーレ教会と並びロマネスク様式建造物の代表作の1つです。 この聖堂は、「コモの師匠達」によって実現されたクリュニー、ノルマン、 ライン夫々の建築をイタリアに融合させた最も際立った建造物と言えるでしょう。

内部には、奥深い聖堂内陣、そして 「キリストの生涯」を描いた14世紀後半 のフレスコ画で非常に美しく装飾された 半円の後陣があります。そして中央身廊 の両側には、対になった鐘楼が建ってい ます。この聖アッボンディオ聖堂は、イタリ ア国内のみならず世界のロマネスク建築 の原型となったと考えられています。実 際、この様式建築の基本要素は後に、当 時のコモ建築家によってヨーロッパ全域 に輸出されたものなのです。

コモの町にあるこの聖フェデーレ聖堂 (Basilica di San Fedele)は、「コモの 師匠達」によって11世紀から12世紀に かけて建設された代表的なロマネスク 様式の建造物です。 後にこの「コモの師匠達」は、彼らのユ ニークな技術と優れた芸術性から全世 界で有名になります。この聖堂の構造 は類稀なるものです。

この聖堂の最も興味深い部分は、三つ の楕円状の身廊が導入され、その後陣 の周りを二重のマトロネオが巡っている ところです。聖堂内部は、フレスコ画、 彫刻、ライオンのスティロフォロ(柱など を支える彫刻)、アーチ、支柱などで装 飾されています。また、聖堂のファサー ドは1509年に作られたバラ窓、そして 二連窓と三連窓のロマネスク様式の鐘 楼が隣接しています。

Questo sito fa uso di cookie.
Continuando la navigazione su questo sito web (quindi cliccando sul pulsante "PROSEGUI NELLA NAVIGAZIONE" o cliccando all'esterno di questa area) si autorizza l'impiego di cookie.
Per informazioni dettagliate sull'impiego dei cookie in questo sito web invitiamo a cliccare su "Maggiori informazioni".Qui è anche possibile revocare l'autorizzazione all'impiego di (alcuni) cookie presenti.

PROSEGUI NELLA NAVIGAZIONE